肩こり・腰痛では保険は使えないの?保険者から調査書が来た…

■整骨院で保険適用なケガ

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)になります

肩こり・腰痛では保険は使えません


しかし…

 

あくまで肩こり・腰痛は何らかしらの身体の不具合があった後に起こる身体の状態の名称であり、ケガの名称ではありません


例として

首や肩の関節に負担がかかり、かばって日常生活を送っていた為に肩がこった

これは保険適用で行える頸部捻挫や肩の捻挫、または挫傷にあたります


日常生活で長時間同じ姿勢をしていて立ち上がった際に違和感が、しばらく我慢していたが徐々に痛くなって来た

これも保険適用で行える腰部捻挫や背部の挫傷などにあたります


整骨院で保険適用で行えるケガとして下記に詳しく示します

 

●骨折は読んで字の如く骨が折れたり割れたりするケガ

●脱臼は通常の関節が抜けてしまい本来の位置で無くなってしまうケガ

 

上記2個は割合的に本当に少数であり日常生活ではなかなか起きません

 

では打撲・捻挫・挫傷はどうでしょうか?

 

●打撲は体をぶつけてその部分の筋肉や関節を痛めるケガで分かり易いですが・・・

 

●捻挫とは

簡単に言うと関節を自分の可動域から大なり小なり超えてしまい

周囲の靭帯や筋肉、軟部組織を痛めてしまうケガです

 

●挫傷とは

筋肉が一定の許容範囲を超えてしまい部分的に断裂しているケガです

 

これだけ聞くと捻挫も挫傷もなかなか起こらないのでは?と

考える方がほとんどだと思います

 

しかし簡単な例として

捻挫の例

・下に落ちている物を取ろうとして腰に痛みが・・

・椅子から立ち上がろうとして膝に痛みが・・

・後ろや上の物を取ろうとして肩や腕に痛みが・・

 

挫傷の例

・長時間同じ姿勢で不意に首を回した際に肩や首に痛みが・・

・久しぶりに長時間歩いてふくらはぎに痛みが・・

・手先を使う作業で肘から前腕にかけて痛みが・・

 

上の例を見ると皆さんが日常的に行っている動作ではないですか?

 

しかし自身の判断ではどの部分やどの筋肉を痛めているか

処置はどうすればいいかの判断は難しいと思います

 

まとめると日常生活動作でも十分、捻挫や挫傷は起こりうるケガであると言えます

捻挫も挫傷も保険適用で

治療が出来るケガです

肩こり・腰痛はあくまで結果であり原因ではありません、私達はその原因であるケガを保険で施術して身体の不調を整えます

痛みを感じたら安易に考えずにまずは当院にご相談ください


以上の事を踏まえた上で保険での施術に納得のいく方のみ保険適用で施術致します

慰安目的のマッサージ等は自費による施術になりますので、ご了承下さい

 



保険者から調査証が来た…

昨今、健康保険組合等が患者さんに対し、ケガの原因や治療内容、料金などについて

電話や文書による調査が急増しています

複雑な質問や記入方法であったり、数ヶ月前のケガの内容であり

患者さんの記憶を頼りに回答するとほぼ100%保険適用外になってしまいます

(調査対象期間の症状でなく、現在の状態を回答される方が多々おられますが、間違いです😩)

当院ではカルテに照らし合わせて患者さんに正しい内容で書類を

提出してもらえるように協力しております

 

まずは調査の書類や電話があった場合は慌てて回答せず当院にお問い合わせ下さい


実際に自身の記憶を頼りに回答した結果、次回以降保険施術が出来ない事例も出て来ておりますので調査書が来た患者さんは必ず当院にご相談下さい